実質制作期間は6ヶ月、F-14Dが5ヶ月、ジオラマが約1ヶ月。製作を開始する前に、近所にある博物館でF-14Aの実機を見学したり、US NAVYの写真広報サイトやエアクラフトリソースセンターなどから2000枚以上の写真をダウンロードして飛行機のパネルラインなどを研究した。空母のデッキはほぼ実物と同じスケールで忠実に再現したつもり。JDB(ジェットブラストデフレクター)の冷却パイプの省略、支持アームの形状の相違はご勘弁下さい。甲板は実際にカールビンソンのフライトデッキを歩いた時のザラザラ感を思い出しながら表現した。フィギュア5体とトレーラーはベルギーのメーカーより直輸入。他の5体はタミヤ、アカデミーなどのものを改造している。

It took me about 6 months to complete this whole set. 5 months for the F-14D. 1 month for the diorama. Before starting, I went to the Oakland air museum to see an actual F-14A. I also downloaded over 2000 photographs from a variety of websites, such as the US NAVY NEWS site and aircraftresourcecenter.com to research the panel lines of the aircraft and the flight deck of the aircraft carrier. I believe this one looks totally authentic except for some missing cooler pipes behind the JDB(Jet Blast Deflector) and the shape of the JDB arm. I created the texture of the deck from my memories of when I walked on the USS Carl Vinson. I incorporated 5 figures and a tractor from a Belgium company. The other 5 came from Tamiya and Academy.





All F-14D diorama English text edited by Felix.